店舗型風俗の待合室について

投稿者: | 2022年1月6日

店舗型の風俗には、必ずと言っていいほど待合室が用意されています。まず受付を済ませ、指名をしたりお金を支払った後に待合室で待つというのが一般的です。

この待合室でもマナーが存在します。風俗にはさまざまなマナーがあり、利用するお客さんはこれをしっかりと守らなければなりません。この記事では、待合室で待っている間のマナーや注意点を紹介するので、是非参考にしてみて下さい。

待合室では、タイミング次第で他のお客さんと同時に待つことになります。中には、このときに他のお客さんに話しかけたりするような人もいますが、これはやめるようにしましょう。風俗遊びというのは、あまり人に知られたくないものです。特に、風俗利用時に他の男性との接触を極端に嫌がるお客さんもいて、このようなお客さんに待合室で話しかけてしまうと、不快に感じられることもあるでしょう。

「どの子を指名したの?」「このお店ってどうなの?」など、嬢やお店について他のお客さんに聞き回るような人もいますが、これはマナー違反なのでやめるようにしましょう。

風俗店の待合室というのは広いスペースではありません。他のお客さんと一緒になったときは、相手が座れるように席を詰めるなどの配慮をすることも忘れないようにして下さい。

風俗店の中には、待合室がマジックミラーになっていて、待っているお客さんの顔をチェックできる構造になっているお店があります。

これは、嬢がこれから付くお客さんの顔をチェックして、NG客や知り合いではないかを確認するためのもので、嬢が安全に働くために必要になるものです。このときに、お客さんが顔を伏せていると嬢が顔をチェックすることができません。

顔を伏せたり手で顔を隠すように覆っていると、嬢から不審客だと思われることもあります。待合室で待っているときは、嬢が確認できるように顔を隠すのはやめるようにしましょう。

マジックミラーで顔を確認できないお客さんは、利用を断られることもあります。特に、風俗初心者のお客さんは緊張して顔を手で覆って待つ人もいるので、注意するようにしましょう。

そのお店によって違いはありますが、待合室にはテレビが置かれていることがあります。基本的にはこのテレビを見ていれば、マジックミラーで嬢から見られたときに不審がられません。「風俗初心者で待合室のマナーがよくわからない」という人は、おとなしくテレビをみるようにしましょう。中には漫画などが置かれていることもあります。待ち時間が長くなるときは漫画を読んで時間を潰すのもいいでしょう。

お客さんの中には、スマホをいじって時間を潰す人もいます。基本的には待合室でスマホをいじるというのは問題のない行為です。

しかし、嬢と対面してプレイルームに移動した後はスマホをいじるのはやめるようにしましょう。嬢の中には、「盗撮されている」と感じてスマホを向けられることを嫌がる人もいます。たとえこちらがその気がないとしても、嬢は気になるものです。また、盗撮だけではなく盗聴の被害に遭う嬢もいるので、嬢と対面した後はスマホをポケットから出すのはやめたほうがいいでしょう。

また、待合室にはトイレなどが設置されていることもあります。もしトイレに行っておきたいのなら、このタイミングで行くようにしましょう。トイレに行くときは、お店の人に一声かけておくのもマナーの一つです。

この記事では、風俗での待合室の過ごし方について紹介していきました。たかが待合室ですが、ここにも守らなければならないマナーが多数あります。待ち方一つでNG客に認定されることもあるので、この記事で紹介した「テレビを見る」「漫画を読む」など、当たり障りのない待ち方をするようにしましょう。

風俗にはこれ以外にも多くのマナーが存在します。初心者は知らないうちにマナー違反をしてしまうこともあるので、初めて風俗を利用するのなら「どんなことがマナー違反になるのか?」というのをチェックすることをおすすめします。