ソープで遊ぶなら変に節約しないで思いっきり遊ぼう

投稿者: | 2022年4月15日

ヘルス、ピンサロ、オナクラ、デリヘル、ソープなど、風俗にはジャンルがあってそれぞれできることやプレイする場所が変わってきます。

オナクラやピンサロはリーズナブルな料金でサクッと抜けて、ヘルスはお店によってカラーが違ったり業態にこだわったお店が多いです。デリヘルはお店に入るのが嫌な人やホテルや自宅でプレイしたい人におすすめです。

その中でも、ソープはお金がかかる風俗ジャンルであり、相場なども他の風俗ジャンルと比べるとかなり高額になっています。ソープでしかできないプレイがあるからこそ、お金がかかるものなのです。

ソープの場合は格安店でも2万円程度かかることがあり、お店のレベルが上がるのならさらに高額になるでしょう。高級店では、10万円近くの費用を要するお店も存在します。

安さが売りのピンサロは数千円で遊べるので、同じ風俗でもかかる料金が大きく変わるものです。また、ソープでは入浴料とサービス料という2つの費用がかかるお店もあり、お店の看板などに書かれている金額よりも高額なお金を請求されることも多いです。そう考えると、ソープはムラムラしたからと気軽にふらっと入るようなお店ではないと言えます。

そんなソープを利用するときに、少しでも費用を抑えようとクーポンなどを利用するお客さんがいますが、これはあまりおすすめできません。このようなお金がかかる遊びだからこそ、お金のことは気にしないで思いっきり遊ぶことで、より気持ち良さを味わえるものです。

クーポンを使ってちまちま利用するのは、お店からの印象が悪くなることもあります。ヘルスやデリヘルならクーポンを利用してリーズナブルに遊ぼうという気持ちは理解できますが、ソープではこれはおすすめできる行動ではありません。

さらに、ソープでも他の風俗ジャンル同様、オプションというものが用意されています。したいプレイや着て欲しいコスチュームがあるのなら、ここでもお金に糸目をつけずにオプションをどんどん利用するようにしましょう。

高額なお店で遊んでいるからこそ、自分が興奮するシチュエーションでプレイをするべきです。「高額な料金がかかるから他の部分は抑える」というのでは、ソープで十分満足することはできません。

お金のことを気にしすぎてしまうと、嬢に「小さな男」だと思われることもあります。節約志向であまりにもせこくソープを使っていると、手抜きのサービスをされてしまうこともあるでしょう。

こういうお店だからこそ、嬢も派手にお金を使ってくれる太っ腹なお客さんを好む傾向になります。あまりにも節約志向でソープを利用するのではなく、「ここはお金を使う場所」だと考えて利用してみて下さい。そうすることで、嬢に好かれるお客さんになれます。

そこまでお金に余裕がないのなら、お金がかかるソープに行くのはやめましょう。ピンサロならほんの数千円で気持ち良くなれます。ヘルスならクーポンを使うお客さんが多いので、節約志向で利用してもそこまで嫌がられることもありません。

ソープに行くときはお金に余裕があるときにしましょう。ソープは「ボーナスが入ってお金に余裕があるとき」「ギャンブルで大勝したとき」など、このような派手にお金を使えるときに行くような場所です。

風俗ジャンルには、それぞれ相場というものがあります。風俗を利用するときは自分の財布の中身とこの相場を照らし合わせ、「これなら無理なく利用できるだろう」という風俗ジャンルを選んで遊ぶようにしましょう。

したいプレイがあるからと、無理して高額になる風俗ジャンルは選ばないほうが賢明です。自分の財布の中にあるお金と釣り合っていない風俗ジャンルで遊んでも、我慢しなければならないこともあるので、気持ち良さも半減してしまいます。不完全燃焼になることもあるでしょう。

ソープでしかできないプレイをしたいのなら、お金に余裕があるときに行くようにして下さい。